ほうれい腺

ほうれい腺とは

顔の小鼻の両側から唇の両端へ向かって伸びている二本線のことを「ほうれい腺」と言います。簡単に言うと鼻を挟んで顔の真ん中をカタカナの「ハ」の字に走っているしわのことを言います。

 

ほうれい腺が目立つかどうか、その深さによって老け具合を測ることができます。ほうれい腺が目立つ人しっかりと線が入っている人は、ほうれい線が目立たない人よりも見た目年齢が5 歳以上老けて見られると言われています。

 

ほうれい線のできる原因や予防方法を知ることで、ほうれい線の出る時期を遅らせるあるいはでる具合を薄くすることができるかもしれません。ほうれい線に効果のあるマッサージをするなどして自分の状況に合ったケア方法を探していくことが大切です。

 

中年以上の年を重ねると現れてくるのがほうれい線と思われがちですが実際は違うのです。中年になったときに突然現れるのではなく、若い人にも生まれたての赤ちゃんにもほうれい線は既に存在しているのです。

 

若いときにはこのしわが薄くて浅くてあまり目立ちません。それが中年になってくるとだんだん深くなってくっきりとしてきます。そのため見た目にすぐにわかるようになってしまうのです。

 

同じ年の人でも肌が健康で明るい人とシミやしわがあり肌がたるんでいる人などを比べると肌が健康の人の方が若くみえます。つまり若く美しく見せるカギは肌の状態によって決まるといっても過言ではないと思います。

 

特にほうれい線が目立つか目立たないかそれによって老け具合が大きく違ってきます。老け度合いを測る上でほうれい線は重要なポイントとなっています。

 

 

ほうれい腺

ほうれい線の原因

ほうれい線がくっきりと現れる原因には様々なものがあります。1 つ目の原因としては、「肌のたるみ」が関係しています。そもそも肌がたるむというのは、表情筋の衰えによるものや首の筋肉の衰えによるものです。

 

表情筋は顔面の下にある筋肉のことで、頬部分から口周りの筋肉、目の周りの筋肉、口周りの筋肉といった具合に分けていくことができて全部で30 種類以上もあります。

 

細かく役割分担された筋肉は私たちが目や口を動かすことによって動き、それによっていろんな表情を作りだすことができるのです。若いときには筋肉が強くて重力に勝った力があるため皮下脂肪を高い位置にてキープできます。

 

それが歳をとってくると頬の筋肉が緩んできて重力に抵抗する力がなくなってきてしまいます。そのため頬付近の皮下脂肪を高い位置にてキープできなくなり頬全体が垂れてしまうのです。頬の境界線にあるほうれい線の上に頬が垂れて皮下脂肪が重なるため溝が深くなるのです。

 

2 つ目の原因としては、「紫外線」と「乾燥」によるものがあります。ほうれい線というのはシワです。シワが深くなる外的要因が紫外線と乾燥なのです。

 

紫外線は肌の奥のほうにまで入り込んできて皮膚の組織を傷めてしまいます。紫外線ではシワだけではなくシミもできるため、肌にとってはトラブルの元になるものです。

 

肌が乾燥した状態では肌が紫外線や埃といった刺激物質に対して無防備になってしまいます。保湿をしっかりと行っている肌は薄くて目立ちにくいシワですみますが、乾燥している肌の場合回復させるのが難しいですし、ほうれい線がさらに深く刻まれてしまう原因となるのです。

 

他にも睡眠不足であったり、不規則な生活を送っていたり、暴飲暴食をしていたり、喫煙をしていたり、ストレスがあったり、ビタミンC やコラーゲンなどが不足していたりすることで肌にシワができやすくなり、ほうれい線を深くすることにつながってしまうのです。

 

 

ほうれい腺

シワについて

ほうれい線には肌のシワが大きく影響しています。私たちの皮膚には表皮がありその下に真皮があります。これらが新陳代謝を繰り返すことで肌が再生されてきれいになっていくのです。

 

コラーゲン、エラスチンやヒアルロン酸などからできています。この中で肌のハリに最も関係しているのがコラーゲンです。エラスチンは繊維状のものでコラーゲンを束ねる役割があります。ヒアルロン酸は肌の水分をキープするのに役立っています。

 

ほうれい線の原因である表情筋の衰えと共に、これらの肌に必要な3 大成分の量も加齢に伴って減ってきます。そのため肌からハリや弾力や水分が減っていき、シワができてしまうのです。

 

シワの中でも「ちりめんじわ」と呼ばれているものは、細かいシワで表皮上にできるものです。主な原因としては肌の乾燥によるもので肌に水分補給をたっぷりと行い、美容クリームなどできちんとふたをして水分を逃がさないようにしておけば回復させることができます。

 

しかし笑いジワなどの場合は習慣化しているものなので回復させることがやっかいになります。笑いジワなどの表情ジワの場合、ほうれい線のように黙っていても深いシワなので目立ってしまいます。

 

真皮の組織がダメージを受けてしまっているのです。ほうれい線は真皮に深く刻まれたシワなので回復は簡単ではありません。このような皮膚の構造について知っておくことで、ほうれい線やシワなどについて対策を考えることができると思います。

 

 

ほうれい腺

コラーゲン

コラーゲンは美肌に必要な成分で、ほうれい線にも大きく影響していること
がわかりました。ほうれい線が気になり始めた人は、コラーゲンが配合されているクリームや化粧品などに目がいくようになると思います。

 

真皮の約70%をコラーゲンが占めています。しかしコラーゲンは加齢とともに減っていきます。

 

ほうれい線など深い溝を食い止めるために、様々なアイテムを使いたいところです。コラーゲンが配合された美容液なども多数販売されています。しかし美容液としてコラーゲンを肌に塗りつけても、肌の表面部分つまり表皮につくだけで、コラーゲン自体が大きい物質なので真皮にまで到達できないそうです。

 

ただしコラーゲンは保湿力が高いため肌の表面を潤すことはできます。乾燥などによる肌の小ジワの場合は、水分補給で回復させることができるため効果があると思います。

 

またほうれい線でもまだ溝が浅いものに関しては、水分補給をすることが一番の有効手段のためコラーゲンが配合されている美容液あるいはクリームなどを塗ったり、サプリメントを飲んだりすることで効果があるかもしれません。

 

しかし真皮の組織にダメージをつけてしまった、深い溝ができたほうれい線の場合はやっかいです。いくらコラーゲンを表面から塗っても効果がないのです。

 

このようなときは思い切って直接真皮へコラーゲンを注入する方法があります。この場合は美容外科などを受診することになります。コラーゲンを注入することは簡単で、極細の針で注入するためあまり傷みもないそうです。

 

しかしコラーゲン注射の効果は半年足らずなので、半年ほど経つとまた深い溝のほうれい線が目立つようになってしまいます。中にはコラーゲン注射によってアレルギーが出る人もいます。

 

接種前に必ず医師としっかりカウンセリングをしてから行うようにしてください。

 

 

ほうれい腺

ヒアルロン酸

コラーゲンと同じくヒアルロン酸もほうれい線に大きく影響を与えています。中でもヒアルロン酸はとても保湿力が高いため、肌の乾燥を防ぎシワができるのを防いでくれます。

 

しかしらコラーゲンと同様にヒアルロン酸の保湿力も加齢とともに低下してしまいます。ヒアルロン酸を代わりに食べ物で摂取しようと思ってもできません。そのため加齢と共に肌が乾燥してしまい潤いがなくなっていくのです。

 

コラーゲンと同様にヒアルロン酸を真皮に直接注入する方法があります。ほうれい線の溝の部分にヒアルロン酸を注入するとその部分がみずみずしく盛り上がってきてほうれい線が目立たなくなるのです。

 

コラーゲンの場合よりもヒアルロン酸を注入する方がアレルギーは起こりにくいようです。持続効果もヒアルロン酸の方が少し長めで一年間効果があるそうです。一年程度経って効果がきれると再びヒアルロン酸を注入しなければいけないのです。

 

また外科的治療として「ボトックス」という方法があります。ボツリヌス菌という毒素から抽出した成分を注入して、神経を麻痺させます。シワを作りだす原因の表情筋を麻痺させることで、シワができない程度にうすい表情しか作らないように麻痺させておくのです。

 

効果は半年程度です。表情を作るときにでるシワには効果が高いのですが、ほうれい線については劇的な効果があるわけではないようです。あくまでもこういった選択肢もあるということを知識として知っておいてください。

 

 

ほうれい腺